2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーウィドウワルツ - 2011.01.21 Fri

月2回、めげずに通っているピアノ教室の課題曲が
次回から「メリーウィドウワルツ」になりました

センセに
「ディズニーものですか?」
「聴いたことないっすねー」などと
勝手なことばかりいってすみません
無知無学丸出しです

帰ってからテキスト付属のCDをリピート演奏で小一時間ほど聞き
曲を覚えながらいろいろこの曲について調べてみました

有名なオペレッタなのですね!
発表されたのが1905年
100年と少ししか経っていない
新しいオペラなのでした

曲調は明るく
クライマックスにヒロインが恋人(となる男性)とワルツを踊る
場面で効果的に使われている・・・らしい(オペラ見たことないからわからんが)

作者のレハールさんについてですが
夫人がユダヤ人だったのにもかかわらず
ナチスの迫害をうけなかったのは
ヒトラーがこのオペラの大ファンだったからといわれています
なにが幸いするかわかりませんな~
自身は政治的ではなかったけれど
ナチスの庇護を受けたということで
戦後非難されてしまったのはとても残念なことです


20世紀最大の悪魔(あえてこのように表現する)の心を
虜にした軽やかな恋のワルツ
それがこの曲のワタシのイメージです

よーし、イメージ戦略はOK
あとは実践ね・・・これが前途多難な予感
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://getwet.blog40.fc2.com/tb.php/27-e43acfea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨だれ・その4 «  | BLOG TOP |  » リンク追加・「雨だれ」その3

プロフィール

rosie

Author:rosie

マイキャラシノブちゃん
かぷんこの物欲センサーに
激しく悩む日々
息抜きにピアノを練習して
その下手さに落ち込み度倍増

ゲーキャラ名せりふ

絵にカーソルを合わせてみてね

チョイ悪おやじなところがいいわ~

ラファエロ前派

19世紀の中頃、ヴィクトリア朝のイギリスで活動した美術家・批評家(また時に、彼らは詩も書いた)から成るグループである。


19世紀後半の西洋美術において、印象派とならぶ一大運動であった象徴主義美術の先駆と考えられている。

参加してみた

ブログランキング・にほんブログ村へ

プルダウンリスト

このブログをリンクに追加する

カウンター

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。